07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

酒とか、魔とか、アンモとか。

アンモナイトを中心に、北海道の自然について紹介していきます。
ときには、学生生活についてなど突発的な話題もあるかもしれません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

今シーズン初巡検! 

どうも、大変お久しぶりです。入間です。

このゴールデンウィークに今シーズン初の巡検に行ってきました。私は土日の2日間だけでしたが、他のメンバーたちは最長で5日間?連続で沢に入っていたようです。長期休暇ということもあって、TH大学の方々や化石男さん、化石大臣さん、AK大学のHさんなど他大学の方もたくさんいらっしゃっており、大変楽しい巡検になりました。

しかし、暖冬の影響もあってか今年はあまり沢が更新されておらず、各班なかなか厳しい状況だったようです。
私自身も例年の春先のように密集ノジュールを何個もお持ち帰りというようなわけにはいきませんでした。

ただ、2日目の巡検でなんとか一つアンモナイトを得ることができたので、それを紹介したいと思います。

この日の目的地はA川の大露頭付近の支流です。増水期は本流を渡渉できないので、別の支流から尾根を乗り越えていくアプローチです。

IMGP4202.jpg
大露頭頂上からの景色

目的の枝沢に入渓して早速ノジュールを割っていきますが、前日に我々の別働隊が全く同じところを巡検しているということもあり、なかなか良い石は見つかりません。前日の別働隊は入渓地点から下流しか見ていないということだったので、我々は上流へと遡っていきました。
このままではぼうずになってしまう...... そんな恐れを抱きつつ石を探していると、先行していた仲間がなかなか良さそうな石を起こして割り出しました。その様子をぼーっと見ていると、彼の近くになにやら怪しい石が転がっているのが目にとまりました。急いで近づいて確認してみると......
IMGP4193.jpg

パキの背中がはっきりと見えていました!!横にいる仲間に一応確認します。「これ、おまえのじゃないよな?」............「うわっ!」
どうやら全く気づいていなかった上に、隣の石を起こす前に腰掛けにしていたようです。

「だめだよー、これ見落としおちゃあ。」何て言いながら余分な石を落としていきます。
IMGP4194.jpg

現地でこれくらいまで小さくしてから持ち帰りました。
住房部まであるようなので、ヘソも期待したいところです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
ここからはクリーニング編です。

と言っても、ヘソをクリーニングするくらいしかやることはないのでチョチョイと終わらせてしまいます。
201505091622198ad.jpg
201505091623023ab.jpg

現地で殻がいくらか飛んで行ってしまいましたが、ヘソ部分ではある程度残すことができました。もうひと巻きくらい残っていれば完璧だったのですが、このサイズで良好な保存のものは初めてなのでとても嬉しいです。

もう一つ面白いことにクリーニング中気づきました。
201505091621029e8.jpg

気房の背側に修復痕らしきものがあります。こういう特徴があるとちょっぴり嬉しさも増してしまいます。

今回の巡検の成果はほとんどこれ一つだけでしたが、大満足しています。
スポンサーサイト

Posted on 2015/05/09 Sat. 17:08 [edit]

category: アンモナイト

TB: 0    CM: 2

09

残り物には…? 

どうも、ひみこです

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
去年はひどい更新頻度でしたが、今年こそはがんばりますよ!
…って毎回言ってる気が(笑)

今回は、一昨年の春、雪どけが待ちきれなくて某露頭に行って来た時の話です。

山はまだ雪に埋まっているのはわかっていても、自分の周りで雪が融け始めると巡検に行きたくなっちゃうんですよね。
ということで、まぁ、下見!下見だから!と自分に言い訳しながら、後輩たちと近場の巡検地に
沢はやっぱり難しそうだったので、某露頭に行ってきました。

IMGP0683.jpg

時期的に、さすがに雪で何もできないんじゃないかなーと思っていたのですが、上なら普通に巡検できそう!

IMGP0684.jpg

後輩たちが頑張って上に攻めていく中、私は下で、先人の割り跡の物色…
かなり大きなマンテリ?の破片や雌型がついた石を割ったあとがあったんです。

チビでもついてないかな~と思って周辺の石を片っ端からひっくり返していると、

IMGP0782.jpg

置いて行かれたマンテリを発見。あらら、可哀そうに…^^;
先が残っているかは怪しい感じですが、残り物から初マンテリをゲットできました!
本当にがびがびしてますね~…。

ではまた^^

Posted on 2015/01/17 Sat. 13:06 [edit]

category: 巡検

TB: 0    CM: 5

17

惜しいパキ 

こんにちは、入間です。

北の大地では寒い日々が続いています。朱鞠内では積雪が1 m を超えたとか。化石達も今は深い雪の下ですね...

今日の主人公は、今年の夏の大雨の後にN 町で採取したユーパキ Eupachydiscus haradai です。

採取時の写真がこちら。
Eupachydiscus 4

住房部も多く残っていてなかなか立派です。

しかし、裏側はかなり擦れています(これはかなりいじった後ですが...)。
Eupachydiscus 3

そこで少しチャレンジして住房部を一旦外してみることにしました。
その後、へそをクリーニングしたのがこちら。
Eupachydiscus 1

残念ながらへそはあまり長く続いていませんでした... 取り外した住房も合体可能です。
Eupachydiscus 2

この住房、接着剤でくっつけてしまうか、それとも取り外し可能な状態にするかとても悩んだのですが、結局くっつけない状態でおいてあります。ユーパキは北海道を代表するアンモナイトの一つですが、分厚いだけあって大きすぎるとなかなか取り扱いに苦労してしまいます... それでも、沢で大きなアンモを見つけたらヒィヒィ言いながらも持って帰らずにいられない、悲しい性ですね......





Posted on 2014/12/13 Sat. 21:32 [edit]

category: アンモナイト

TB: 0    CM: 6

13

KSK沢巡検【後編】 

ども、ひみこです

前回の記事の続きです。

本流はなかなか楽しかったのですが、このときちょうど病み上がりでいつもより疲れてしまっていたので、KSK沢に入ってから最後尾でひと休み。

少し元気になってから、また登り始めましたが…

IMGP3832-2.jpg

うーん、これを一人で登るのは怖い!落ちそう!
ということで、私はここでとまり、周辺を探索することにしました。

IMGP3829-2.jpg

足元にはノジュールがいっぱい!\(^o^)/

りんぞうさんのおっしゃっていた露頭だったのでしょうか。
きれいなネオプゾシアが出ました。

そんな中から出てきたのが…

IMGP3836-2.jpg

ダメシのようですが、角張っています。

面白そうなので、帰って早速クリーニングすると、ぽろっと取れました。

IMGP4031-2.jpg

ふと裏面をみると、

IMGP4030-2.jpg

あれ!?こっちの面は全然角張ってない!

側面からみると、

IMGP4032-2.jpg

やっぱり角張り方がちがう!…気がする。

どうしてこうなっているのか…

→殻がはがれてる?
(でも、むしろ角張ってる方が剥がれぎみ…)

→連室細管の位置の片寄り?(H田さん談)
(そんなに片寄ってない気がするけど…)

→外套膜の損傷?(ryohei氏談)

→そういう種類のアンモ?
(OB曰く、雰囲気がスカフィっぽいとか)

→雌雄モザイク?
(クワガタみたいな。最近、伊勢海老でも見つかりましたよね)

…うーん、色々考えてみましたがよくわかりません。
アイディア募集中です(笑)

ではまた(^^)

Posted on 2014/10/20 Mon. 01:24 [edit]

category: 巡検

TB: 0    CM: 4

20

KSK沢巡検【前編】 

どうも、ひみこです
かなりご無沙汰してしまいました。

8月中旬に某有名沢、KSK沢に行ってきました!
大雨直後でそこまでの林道が崩れているのでは?と心配していましたが、車でかなり近くまで進めました。

そして、KSK沢下流の転回場近くでEさんに遭遇。初対面でした!
(笑顔が素敵ですね!)
この石持っていっていいよ~と見せていただいた石があまりに見事すぎて辞退すると、代わりにハウエリ頂いてしまいました。
ありがとうございます!

この日は既にEさんが入り、下流から探士さんが追い越し…あまりないかな?と思っていたのですが、本流だけでも…

IMGP3822-2.jpg

IMGP3824-2.jpg

ちらほらと良いアンモが落ちています!

本流だけでそこそこザックは重くなり、満足できていましたが、本番はここから。

IMGP3825-2.jpg

いい天気で快適です。

後編へ続きます!

Posted on 2014/10/05 Sun. 09:06 [edit]

category: 巡検

TB: 0    CM: 6

05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。