09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

酒とか、魔とか、アンモとか。

アンモナイトを中心に、北海道の自然について紹介していきます。
ときには、学生生活についてなど突発的な話題もあるかもしれません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

20120430H別巡検 

こんばんは。

ちょっくら、ブログの肥やしに記事でも書くか、と思いたったはいいものの帰省中で手元にアンモはないし、デジカメのメモリーをあさってみても案外記事にできるようなものを撮っていないということに気付いて愕然としているGmanです。

hobetsu.jpg

この日、サークルの別動隊の人々はすでに7泊8日N川巡検に旅立っていたのですが、私とひみこ氏は所用のため、そちらには最初からは参加できず、その腹いせというわけではないですが、サークルのメンバー4人で化石大臣さんから教えていただいたH別の沢に入ることになりました。

この沢、ちょうど写真のあたりで二股になっているのですが左側がサントニアン帯、右側がチューロニアン帯になっているようです。(あくまで大雑把にですが)

まず、左側の沢に入ってみましたが、H別では恒例となっている大量の鹿の死体が出迎えてくれるだけで、ノジュールはほとんど見当たりません。

二時間ほど見て歩いて、握りこぶし大の佃煮ノジュールが二つと、大きめのアンモの住房部の欠片にトラップされたコリンニョニセラスらしきものがいくつかといった程度の成果でした。

そこで、左側の沢は早々に諦め、右側の沢に望みをかけます。

しかし、右側の沢もノジュールの影が薄く、ヒグマに荒らされたらしき鹿ばかりが目につきます。

これはもう駄目かなあと思いながらふっとひみこ氏の足元に目を向けると、、、
yubari.jpg


あれっ?!  アンモの背中だ!!

大急ぎで駆け寄って掘り起こしてみると、きちんと奥まで続いているようです。

幸い母岩が柔らかかったのでさほど苦労せずに掘り起こすことができました。
DSC_0240.jpg

巻き込みの手前あたりが少し欠損していますが、へそはありそうです。


このあとは舞い上がってしまい写真を撮ることを完全に忘れてしまっていたので一気に最終段階まで進みます。
yubari3.jpg


母岩から直接出てきたものなので全体的に脆く、何本もとげを飛ばしてしまいました(T_T)

しかも、巻き込みの直前部分にはネオフィロセラスが突き刺さっています。 クリーニング中にこれが出てきたときは、なんでこんなところにいるんだ!?と頭を抱えてしまいました。
yubari4.jpg


へそ部分はこんな感じです。 大体黒く線を引いてあるあたりで終わってしまっているようですが、初めてのローマニセラス系だったのでとてもうれしかったです。

ただ、全体的に粉っぽくなってしまっており突起の本数が不明瞭な上、私の勉強も足りていないので、ローマニなのかユウバリなのか、何とも判断しかねています。へその広さや突起の感じからして、ジャポニカムでないことは確かだとは思うのですが、、、





スポンサーサイト

Posted on 2012/09/07 Fri. 23:03 [edit]

category: 巡検

TB: 0    CM: 4

07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。