05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

酒とか、魔とか、アンモとか。

アンモナイトを中心に、北海道の自然について紹介していきます。
ときには、学生生活についてなど突発的な話題もあるかもしれません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

秘境の成果 

どうも、入間です。

今回はE別川源流での成果を少しですが紹介したいと思います。

まず、1つ目は Gaudryceras intermedium です。 魚止めの滝の少し手前の枝沢の落ち口に落ちていたものですが、少しだけ石が落とされており、後で聞いたところによると&隊長が以前忘れていったものではないかということでした(隊長、ごっつぁんです!)

インター クリーニング前
この状態で落ちていました。

クリーニングしてみると、
インター クリーニング後
へその部品はそろっていますが、中心部分はつぶれてしまっていました。そこは残念ですが、中心部の黒化、周期的な主肋というインターの特徴がよく出た標本です。これでも残っているのは気房部だけなので、その大きさには驚かされます。

次は、紳士が採取した Canadoceras です。前の記事で軍曹さんも書いていますが沢で躓いたときに発見したということです。

紳士きゃなど現地
うーん、素晴らしいです。

そして、クリーニング後がこちらです。

紳士きゃなどクリーニング後
ご本人はこれでも、へそがなくて残念だったとおっしゃっていました。理想が高いです。

やはり、かの源流域は夢の秘境ですね。1度は夏の渇水期に訪れてみたいです。残雪がなくなった、あの枝沢この枝沢、そして本流......夢は広がります。



スポンサーサイト

Posted on 2014/06/12 Thu. 16:20 [edit]

category: アンモナイト

TB: 0    CM: 2

12

コメント

 

こんばんは。
お疲れさんでした。
インターも出ればキャナドも出る・・とても興味深いトコですが、インターの出所とキャナドの出所は別もんですよね。
で、ここのキャナドは・・太さからヨコヤマイみたいに見えますが、どうなんでしょう?
できることなら沢ごとに共産化石を調べるといいですよ。

URL | りんぞう #JpxpL6no | 2014/06/12 20:15 | edit

 

りんぞうさんこんばんは。
おっしゃる通り採集地点は異なります。インターは地層境界付近の支流で、キャナドは本流の上の方でした。
倒木の上から軽く滑り落ちた結果、ちょうど目の前の隙間に挟まっていました。たまには転んでみるのもいいなと思いました。
たしかに肉厚なのでヨコヤマイかも・・・??

URL | 紳士 #- | 2014/06/13 03:20 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://kikuishi.blog.fc2.com/tb.php/34-b3830a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。