10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

酒とか、魔とか、アンモとか。

アンモナイトを中心に、北海道の自然について紹介していきます。
ときには、学生生活についてなど突発的な話題もあるかもしれません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

待望のネオクリオセラス 

どうも、自分が作ったブログなのに久しく記事を書いておりません、入間です。

ただ、まいうさんに触発されたのと、今回1つ嬉しいアンモをゲットできたので、更新してみます。



このGW中、道北N町に泊まり込んで巡検をしていました。今回紹介するのは、その初日N川のカンパニアンで採取した化石です。

雪融けはおだやかなようで、収穫自体は多くありませんでしたが、なにやらごちゃごちゃ入っていそうな石を割ってみると、棘のある異常巻きの背中が出てきました。
ねおくり3

ねおくり2

そう、以前&さんと巡検をご一緒させていただいたときに1本の小沢から3つも採取されるのを目撃してしまって以来、私が求めてやまなかったアンモ、 Neocrioceras spinigerum です!
ほかにあまり収穫がないことなんか気にならないほどの成果です。

これを採取した後も2日間巡検をしたのですが、これといった成果はありませんでした……



そしてクリーニングです。持ち帰ったものをじっくり見てみると、一応表面に出ていたことがわかります。
ねおくり4
実際に割った時には全く気が付いていませんでした……

棘はかなり保存されていますが、どうしても脆く、表側の棘にはあまりこだわらず、裏側の1列分を浮き彫りにしていく戦略で進めます(私の技術力不足でアンモには申し訳ないのですが)。

そしてコツコツ掘っていくと、
ねおくり1
とげとげです。

更に進めると、

ねおくり9
ポロッとはずれました。圧変はほとんどなさそうです。

そして、
ねおくり11

ねおくり7

中巻きは途中で折れてしまっていましたが、ある部分は圧変もなく保存も素晴らしいです。
表側の棘はやはり技術不足がたたって1本しかまともに残せませんでした(それも接着していますが)。

裏側の棘はとりあえず残せているので、今後少しずつ掘っていこうかと考えています

クリーニングしていて不思議だったのは、手前側に生えていく棘とそれとは逆方向に生えていく棘が交互に生えているように見えたことです。
ねおくり10
やはり、自分でクリーニングして、間近で見ると新しい発見があって面白いです。

ともあれ、また1つ新しい種類の標本を得られたので大満足なGW巡検でした。


-- 続きを読む --

Posted on 2014/05/09 Fri. 16:49 [edit]

category: アンモナイト

TB: 0    CM: 3

09

K6a3の魅力! 

こんにちは!
数年ぶりの登場、まいうです。

ココ、もはやひみこさんのブログになりつつありますね σ(^_^;)

それもそれで良いかな〜って見てたんですけど、実は今入院中で暇を持て余してるので、久々に更新してみようと思った次第です。




GW中の巡検話を聞かされ、アンモ欲がふつふつと…

で、しらみつぶしに化石関連の文献やらを見てみると、唐突にある時代に惹かれました

K6a3 上部カンパニアンの下部層、所謂メタプラゾーンです。


惹かれた理由は最後にお話しするとして…
ひとまず、獲物の物色から!


日本古生物学会が無料公開している、

日本古生物学会誌特別号第27号
「北海道北部のカンパニアン(上部白亜系)から産出するアンモナイトについて. 」松本達郎・宮内敏哉 1984.

を参考にすると、ふむふむ、色々いますねぇ…
Canadoceras multicostatum
Mesopzosia densicostata
Menuids sanadai




その他にも、
PseudoschloenbachiaやScaphitesの産出も報告されているようです。
ワクワクしますね!
全部とってやる!ψ(`∇´)ψ


文字ばかりだとアレなので、会員の標本を一つ紹介します。


Menuites fascicostatus
2012.5.5 忍者標本

K6a3、こんなん出ちゃいますからね〜



そして、なんと言ってもこいつら!

上記論文より

5a … Hoplitoplacenticeras fugen
6a … Hoplitoplacenticeras monju



まぁ、実は今日の記事、壮大な前振りでした。
H. fugenとの出会いが、この時代に惹かれた大きな理由です。

では、その詳細は次回紹介します!!

Posted on 2014/05/07 Wed. 17:26 [edit]

category: アンモナイト

TB: 0    CM: 3

07

おしゃれタトゥーのような 

こんばんは、ひみこです

年始の休みに少しクリーニングを進めました!

とはいっても!載せようと思っていたテキサはなかなか石から離れてくれず正月休み最終日になってしまい…何にも完成しないのもむなしいので、すぐ終わりそうなのを軽くいくつか済ませただけになってしまいました!あーあ

その中のひとつ↓

IMGP1928.jpg

N川産のごく普通のダメシですが、

IMGP1929.jpg

おしゃれな模様がついていますタトゥーみたいだなぁ…。

縫合線かな?と思いましたが、他の部分の縫合線とはちがい、殻の上についているようです。

ネットで見てみたら…「忍石(デンドライト)」によく似てる!
縫合線じゃなく鉱物だったんですね。なるほどー

それにしても、紛らわしい模様の鉱物が紛らわしい場所についたものです(笑)

ではまた^^

Posted on 2014/01/22 Wed. 00:08 [edit]

category: アンモナイト

TB: 0    CM: 6

22

あけまして! 

どうも、ひみこです

皆さま、あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

今年もちまちまと更新して行きたいと思います。
ブログメンバーの高学年化がアレですが、まぁ、更新頻度もアレなので…何とかなるでしょ!(笑)

クリーニングは進んでいないのですが、なにも載せないのももったいないので…


\おめでとうございます!/
IMGP1571.jpg



ごく普通なゴードリですが私のお気に入りNO.1です。
公式HPやら個人的なSNSにも多用しているので見たことある方もいらっしゃるかもしれませんね。

先輩が割れなくて放棄したノジュールからアンモの気配がしたので、持ち帰って、半年間後に割ったら出てきました。
拾ったのが、ちょうど、割り方を工夫し始めたころ(2年前期)なので、割れるようになったのはその効果かなーと思っています。

今ならあんなノジュール、一瞬でぷん!できますよ。た、たぶん

今年は…個人的には院生になるので、忙しくはなると思いますが、できるだけ今まで通りに巡検に行きたいところです。
いい出会いがありますように。贅沢言えば、ペロ二とか、ごついテキサとか…いや、うちに来てくれるだけで十分なので何か出てきてほしいな。

後輩たちは人数が増えた分、今まで以上に活発に動いてくれることと思います。
とはいえ、免許持ちが少ないので、おねーさんもまだまだアッシーとして働くことになるでしょう。

いろいろと頑張りたいことがあって贅沢な気分です。
まずは…スマホの使い方から!

ひぃ…((+_+))

では、また^^

Posted on 2014/01/02 Thu. 00:09 [edit]

category: アンモナイト

TB: 0    CM: 8

02

キャナドさがし! 

どうも、ひみこです

北の大地の記事を見て、自宅のアンモを片づけがてら、今まで「たぶんキャナド」とかるーく同定(←軽すぎ…)していたアンモ達を見直してみました。

IMGP1849.jpg

一番きちんとしているこの子と破片ではありますが、棘や肋がよく残っている別の子を元にチェック。

キャナドって意外といるんですね(´‐`)
クリーニング済みだけで6匹発見しました…うーんちゃんと見てなかったなぁ

で、発見当時はキャナドと思っていたけど、なんだか自信がなくなってきた子が2匹いました。

1匹目☆N産

IMGP1861.jpg
IMGP1862.jpg

腹側に軽く突起があります。これでもう少しふっくらしていればユーパキの幼殻だと思うのですが。
わりとほっそりとしています。

2匹目☆最北の産地


IMGP1850.jpg
IMGP1851.jpg

初めてりんぞうさんにお会いした日の前の日の巡検で採っていたアンモです。
あやうく昆布に食べられるところを救出しました(笑)

内巻きの肋はなんだかぐいっと曲がっていて、前に載せたテキサの断面を思いだしました。
へそを出した面では肋はほとんど潰れてしまっていますが、裏面では肋が細く、でも割りとしっかりあることがわかります。



なんだこれ?

圧変マジック(?)でキャナドが化けただけ?(笑)

うーーーーーーーーん、わかんない、はいはい、キャナドキャナド。

君、とりあえず今日からキャナドね。



…あぁなるほど、こうして、「たぶんキャナド」が量産されていったんですね

我ながら大雑把すぎるなぁ

ではまた今度^^

Posted on 2013/12/03 Tue. 23:44 [edit]

category: アンモナイト

TB: 0    CM: 5

03

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。