06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

酒とか、魔とか、アンモとか。

アンモナイトを中心に、北海道の自然について紹介していきます。
ときには、学生生活についてなど突発的な話題もあるかもしれません。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

秘境への巡検2014(前編) 

はじめまして、&探検隊の初回と2012年に登場した軍曹(やぬ王)です。
今年は5月の最後に当会会員のみでアノ秘境の地へ探検してまいりましたので軽くご報告をさせていただきます!

今回のメンバーは私軍曹と、秘境探検でおなじみの紳士隊員、Gman(G metal)隊員の3人です。




出発前夜札幌にて食料を買い込み、幌○内町蕗ノ台へ。ここに来るまでの道は北海道でもトップレベルの僻地であり、途中タヌキを轢きかけました。(轢いたのかも)
しばらく前まで小雨が降っていたようですがもう上がっています。


そしていつものゲートに車を止め、テント設営。
紳士隊員、テントの張り方も紳士的ですね。

テント設営


興奮や咳などでなかなか寝付けない隊員たち。もう1時を回っています。



3:00 全然寝た気がしない中、起床。大量に購入した食べ物や各々の装備をパッキングしていきます。


4:40 いよいよ出発!ここから長い林道歩きです。早朝特有の濃いガスに包まれ、幻想的です。



林道



出発から5.8km地点のゲートを過ぎ、いよいよ残雪が多くなってきました。ここからさらに高度を上げていきます。もうガスは眼下です




P1010518.jpg










7:50 いよいよ町境界の尾根に取り付きます。時期が早いため残雪が多く、藪漕ぎを強いられることはしばらくなさそうです。

P1010539.jpg


8:20 あっさりと稜線に到着しました。取り付いてから30分という早業です

P1010553.jpg

この日は天気がよく、遠く大雪山系が望めました。(写真には上手く写りませんでしたが・・・)

稜線のE別側は冬季の季節風の風上にあたるため積雪が稼がれず、すでに濃い根曲がりのブッシュとなっています。
ここからしばらくの藪漕ぎ。といっても下りなので比較的楽。

その後雪と藪漕ぎを繰り返し、いよいよE別川の源流部に出てきました。沢は大部分雪で塞がっており、踏み抜かないように細心の注意を払いながら勢い良く下っていきます。

P1010571.jpg





そして9:30 滝に到着しました。雪解け水で水量も多く、荷物も重いため簡易ではあるがロープを使って降下します。紳士隊員、そして私はここでズブ濡れになりました

P1010584.jpg





その後支流をいくつも合わせ、次第に沢が太く水量も多くなっていきます。通常なら巡検を諦めるレヴェルです

P1010597.jpg

ごらんのように水は茶色く濁り、本流で川の中のノジュールを探し出すことはほぼ不可能な状態です。



12:00 川のそばの台地上にテン場を設け、ここを本日の野営地としテントを設営します

P1010600.jpg


前編はここまでです。次回はいよいよ3年前に大量のアンモを発見したあの沢などへ向かいます!!(あんまり期待はしないでくださいね)




Posted on 2014/06/09 Mon. 13:09 [edit]

category: 巡検

TB: 0    CM: 2

09

新ハンマーデビュー戦! 

ども、ひみこです

先月?先々月?にりんぞうさんのブログで話題になっていましたが、私もりんぞうさんのご厚意に甘えてしまいました^^

IMGP2222-2.jpg

それも2本も!ありがとうございます!
(オレンジのはまいうさんのです。)

頂いた当日に、そのまま巡検で使ってきました!

雪解け後の広めの沢を選んだとはいえ、11人の最後尾ですからあんまり期待していなかったのですが、

IMGP2224-2.jpg

キャナド!

IMGP2231-2.jpg

またキャナド!

さすが、りんぞうさんハンマー。キャナドを引き寄せるようです(?)。
他にもぽつぽつ出てました。

おかげさまで1年ぶりのN川を満喫できました

とりあえずひとつクリーニング↓

IMGP2673-2.jpg

ノジュールに食われ気味ですが、派手な圧変もなくへそまで残っていました!

もうひとつの方が保存はよさそうなので、期待しながらクリーニングを進めているところです。

ではまた^^

Posted on 2014/06/03 Tue. 00:03 [edit]

category: 巡検

TB: 0    CM: 6

03

来年にはダムの底… 

どうも、ひみこです
ブログ更新しそびれているうちにもうシーズン終わりですね。寒い…

本業の方が一区切りしたタイミングで、Y地区に行ってきました。
時期的に締めになりそうでしたしね!(※結局次の週も行きました)

4時集合で眠い眠いと言いながら向かったら、入り口におじさんが。

「午後から道路工事するから早めに出てね」

早起きして良かった!

IMGP1532.jpg

ちょうど紅葉が綺麗な時期でした。我々の足跡が無粋ですが。

IMGP1537.jpg

こちらも無粋ですね~出て来ないでね~

ちなみにこのツルハンマー、私のです。最近持ちかえました。
重さは1kgちょっと。化石大臣のよりもちょっと軽いくらい?

菊石探士に勧められたのは3kgのだったのですが、お借りして試しに振ってみたら…振れませんでした

最初から3kgは無理!ということで、縁あって先輩に譲っていただいた1kgからスタートです。

まだ加減ができなくて、何でも粉砕してしまうのが難点。
この日もだいぶ壊した気がします。

掘り出しがはかどるのがありがたいです。早く露頭で試したいなぁ…。

IMGP1538.jpg

でも君は掘り出さないよ(笑)大きいけどヘソがないじゃない!

この日は手ごろな大きさのプゾいくつかとなんかよくわからない太い断面の(デンセ?)が取れました。

こんなの(プゾ)↓
IMGP1598.jpg

保存は微妙ですが、ノジュールはけっこう大きいので、期待できそうです。

最後に、帰りの新道からの景色ですが…

IMGP1540.jpg

ほんとに沈んじゃうんだなぁ…もったいない

ではまた。










Posted on 2013/11/04 Mon. 20:01 [edit]

category: 巡検

TB: 0    CM: 5

04

テキサを追いかけて!with 化石大臣 

どうも、ひみこです

最近、いい感じの雨が降っていますね
先週は院試終わりの打ち上げもかねて、久々にK別に巡検に行ってきました!
(入間も来れればよかったのになぁ…(´・ω・`))

目的はテキサです。まさかのN川テキサをゲットしてから、テキサが欲しくなってきたんです。

ちなみに今回は

IMGP1286-2.jpg


化石大臣も一緒です
人間って、たわしとツルハンマー持っててもここまで爽やかにいることができるんですね…。衝撃ですわ…。


沢は雨上がり後、濁りがとりきれる前でかなりいい状態でした。
入渓早々にテキサの雌型を発見。それにしても…

IMGP1280-2.jpg

…でかい!Σ(Д゚;/)/

もちろん雌型だけではなく、有望なノジュールがぼっこぼこ落ちていました。
テキサ以外にも、メヌイやらハボロセラス(?)やら出てくる出てくる…

ここでも私はハウエリが一番の収穫でした。
なんだか、大臣の前でハウエリを採るのがお決まりになりつつあるなぁ

結局、8人でテキサは6個。

私はちびっこテキサを2個ゲット♪
うん、先行7人で2個なら上出来…でしょ?

IMGP1295-2.jpg

IMGP1298-2.jpg

でも、次こそはスレのないテキサが欲しいです!o(>_<)o

ではまた^^

Posted on 2013/08/28 Wed. 10:42 [edit]

category: 巡検

TB: 0    CM: 3

28

初めての東北巡検@利府 

お久しぶりです。入間です。

私、3月5日に札幌を出発し、巡検をしつつ鈍行列車で本州を縦断し16日にようやく実家にたどり着きました。

途中、様々な方にお世話になりまして、感謝しきりの旅でした。

そんなこんなでいくつかブログのネタを仕入れることができたので少しずつ書いていきたいと思います。

IMGP2867.jpg

東北に入って最初の巡検は三畳紀の有名産地、利府です。

北海道から同行している忍者、私(入間)そして地ゼミメンバーで今回の巡検で案内してくださったryohei氏、takitaki氏の4人での採集です。

初めての東北、初めての三畳紀、そしてryohei氏の口からポンポン出てくる聞き覚えのない学名と巡検に対する期待は弥が上にも高まってきます。

巡検地に到着して、黙々と石を割っているとまずtakitaki氏がなにやら怪しいものを発見しました。
IMGP2871.jpg

長さが15cmほどのセラタイト(属名も教えてもらったのですが忘れてしまいました(-_-;))の雌型です。

いきなりアンモナイトの痕跡が見つかったことに北海道組のボルテージはますます高まり、どんどん石を割っていきます。

しかし、そこは本州、なかなかお目当ての頭足類は見つかってくれません。

最初からゲットしようなんて虫が良すぎるか、、、と思いつつも周りを見回してみると、何やら茶色い模様が目に留まりました。

とりあえず、確保してryohei氏に見てもらうと、「オウムガイかもねえ。」とのこと。(うれしすぎて、写真を撮るのを忘れてしまいました(-_-;))

その日の夜、道具を貸していただいてクリーニングしてみたのが↓です。
IMGP2901.jpg
直径は最大部分で2.5cmほど。写真ではわかりづらいですがオウムガイ特有の単純な隔壁もなんとか確認できました。

その後、takitaki氏がjaponites sp. ↓を出し、ryohei氏もプチキテス系のセラタイト(これは頂いてしまいました!)を見つけ、15時過ぎに巡検終了となりました。忍者も何らかの頭足類を頂いたということで北海道組は2人とも収穫を得て大満足の1日でした。
IMGP2880.jpg


Posted on 2013/03/17 Sun. 21:32 [edit]

category: 巡検

TB: 0    CM: 5

17

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。